ルンバは本当に使えるのか?

ルンバ――2011年の事情

ルンバは2002年に登場して以来、何度もバージョンアップを重ねてきた結果、その人気は徐々にアップしてきています。

そして2011年現在――ルンバの「日本仕様正規品」には、「527」「537」「577」の3種類と、これらをベースにした「特別モデル」があります(その他の機種は並行輸入品・海外仕様品なので注意が必要です)。いずれのルンバもサイズと清掃能力は同じですが、「527」「537」「577」と数字が大きくなるにつれて、自動充電やスケジュール設定、お部屋ナビなどの追加機能が増えます。

Read More

排気カット方式掃除機

排気カット式掃除機の評判

排気カット式掃除機は、登場時は各方面からかなり期待されていたようです。何しろ排気カット式掃除機は、掃除機特有のイヤな排気がかなり抑えられるということでしたから。

しかし排気カット式掃除機は、その後、一部の熱烈なファンを除いては、開発者側が思ったよりも普及しなかったようです。こうしたことから、近年では、排気カット式掃除機もあまり見かけなくなってしまいました。

Read More

ハンディー掃除機

ハンディ型掃除機のススメ

ハンディ型掃除機は、家電としては、必ずしもなければならないものではありませんが、掃除が苦手という人が持つと、清潔に暮らす上でかなり活躍してくれるものです。

ハンディ型掃除機の良い点は、置き場所を選ばないこと。普通サイズの掃除機しかないと、家の中のある箇所が極端に汚れたときでも、「次の掃除のときにまとめて……」なんてことになりがちですが、ハンディ型掃除機が手元にあれば、その場で吸い取ることができます。特に台所やリビング、ベッドルームなど、常に清潔にして気持ちよく過ごしたい場所に置くのがオススメです。

Read More

スティック型掃除機

マキタのスティック型掃除機

スティック型掃除機といえば、モップ感覚で使える反面、パワーが弱い機種が多いのが欠点でした。腰に負担をかけなくていいスティック型掃除機、こうした理由で選ばれないのは何だかもったいない気もしますね。

しかし、そんなスティック型掃除機でも、例外はあるものです。マキタのスティック型掃除機は、業務用としても使われているハイパワーなもの。特にリチウムイオンバッテリのタイプはパワーが強い上、リチウムイオンバッテリを他の機械でも使いまわすことが可能。加えて短い充電時間と長い稼働時間――お値段はそれなりにしますが、業務用としても家庭用としてもかなり評判は高いです。

Read More

コードレス式掃除機

コードレス式掃除機の活用

コードレス式掃除機の最大の長所は、小回りが利くということでしょう。掃除の際に、コードのせいで掃除がやりにくく感じた経験は、ほとんどの人がお持ちかと思いますが、コードレス式掃除機なら、そういうこともありません。

掃除が嫌いだという人の理由の一つに、掃除機のコードがネックになっている例も多々あります。部屋の掃除をしないお子さんにお悩みのご家庭なら、コードレス式掃除機を一つ置くだけで問題が解決するかもしれません。

Read More

サイクロン式掃除機

サイクロン式掃除機の選び方(1)

サイクロン式掃除機は、紙パック式に比べると、経済的で排気もクリーンである反面、メンテナンスが面倒(特にごみ捨てやフィルター掃除)な機種も少なくありません。

とはいえ、サイクロン式掃除機は、機種によってメンテナンスの難易度も違うもの。よって、サイクロン式掃除機を選ぶ際は、このメンテナンスの方法に着目すると良いでしょう。

もっとも、こうした消費者のニーズを受けて、サイクロン式掃除機の商品の方も、メンテナンスの手軽さを売りにしたものが多くあります。よって、こうした情報は簡単に入手できるはず。 Read More

紙パック式の掃除機はエコじゃない?

掃除機の紙パック代は節約できるか

紙パック式の掃除機は、ゴミ捨てが手軽である反面、「紙パックのコストがかかる」という欠点もありました。

掃除機の紙パック代を節約する最良の方法は、サイクロン式の掃除機の導入ですが、それほど買い替える機会のない掃除機のことですから、今の掃除機を使い続ける方向で考えてみましょう。

この場合、考えられる方法としては、主に以下の3つになるかと思います。

(1)できるだけ替えない
(2)紙パックからゴミを出し、可能な限り再利用する
(3)「各社共通」の安価な紙パックを利用する

結論から言えば、(1)(2)は掃除機を傷める原因となり得るそうです。 Read More

紙パック式掃除機

紙パック式掃除機の選び方

紙パック式掃除機は、高性能な機種を選べば、紙パック式掃除機特有の欠点をほとんど感じることなく、快適に掃除をすることができます。

紙パック式掃除機の選び方のポイントは、「むやみに安い機種に飛びつかない」ということに尽きます。加えて、「最新機種よりも一段階旧式のものを選ぶ」ということ。そもそも最新機種とはいえ、一部の例外を除いては、性能的に、一つ前の機種とそう大差ないのが実情。加えて、一つ前の機種なら、最新機種が出た時点で、「在庫処分」と称して安売りされる可能性も高まります。

Read More

掃除機メーカーについて

結局どのメーカーがいいのか

掃除機を開発・発売しているメーカーは、日本ではかなり多くの数に上りますし、加えてエレクトロラックスやダイソンなど、海外の掃除機メーカーも参入しているのが現状。一社で複数の機種を出しているのところがほとんどです。

そんな掃除機、メーカーによって特色があるのは当然。どのメーカーの掃除機を選んだらいいのか迷っている人も多いでしょう。

Read More